メルマガvs無料レポート どちらのほうがリストを集められるのか

メールアドレスを集める方法は、大きく分けて二つあります。

メルマガを用意するか、無料レポートを用意するかです。(レポートでなくても、音声や動画でもいいです。便宜上、レポートで統一します)

どちらも、「お役立ち情報を渡す」ですが、渡し方が異なります。メルマガは分割にして渡すのに対して、レポートは一括して渡します。

一読者だとして、あなたならどちらがいいですか?
おそらく多くの人は、「分割(メルマガ)は面倒だからレポートのほうがいい」と思うはずです。きっと、ユーザーも同じように思うはずでしょう。

同じ内容であれば、無料レポートにして渡すほうがユーザーには喜ばれます。加えて、レポートのほうが目に見える形にして公に出すことができます。表紙もありますし、プリントして厚さを見せることもできます。

一方、メルマガではそれができません。こうした点からも見ても、無料レポートのほうがリスト収集には向いているのです。

目次

正攻法に見える無料レポートの落とし穴

無料レポートを餌にメールアドレスを集めて、その後メルマガを配信する。これが正攻法となりつつあります。

一見、問題なさそうに見える無料レポートによるリスト収集。しかし、落とし穴があります。それは、メルマガの購読率の低さです。

無料レポートが欲しくてメールアドレスを登録した人は、その後送られてくるメルマガに興味はありません。そのため、無料レポートをもらった直後に、登録解除する人もいれば、最初から捨てアドレスで登録する人もいます。レポートの出来が良ければ、メルマガは読まれるでしょうが、マイナスからスタートしていることには間違いありません。

一方、メルマガをオファーにメールアドレスを集めれば、メルマガの購読率は高くなります。

登録率のみならず、その後のことまで考えると、メルマガよりも無料レポートのほうが優れているとは、必ずしも言い切れないのです。

メルマガ+無料レポートはあっても
無料レポート+メルマガはない

無料レポートのデメリットである「メルマガの購読率が低い」を回避する方法に、「メルマガの特典として無料レポートを用意する」があります。しかし、この逆は見たことがありません。

想像してみてください。

「無料レポートをDLしてくれた方には、特典として◯◯に役立つメルマガをお送りします」と「メルマガに登録してくれた方には、特典として◯◯に役立つ無料レポートを進呈します」とでは、どちらのほうが魅力的に映りますか? おそらく、後者だと思います。

両者とも同じものを送るのですが、印象が大きく異なります。不思議ですね。

このことから、「無料レポートは主役にも特典にもなれるが、メルマガは主役にしかなれない」と分かります。

考えうる最強の形は、「メルマガ(メイン)+無料レポート(特典)」です。上手くいけば、登録率を高めつつ、購読率の高いリストを集めることができます。

もちろん、特典欲しさで登録する人も一定数いるため、メルマガだけで集めた読者層と完全に同じとは言い切れません。しかし、それを補っても余りあるほどの可能性があります。

選択肢は3つ

・メルマガだけを推して、リストの質にこだわるか。
・無料レポートを推して、リストの数にこだわるか。
・メルマガ+無料レポートにして、両方のメリットを享受するか。

上手く型にはまるなら、3つ目の「メルマガ+無料レポート」が好ましいです。私もこの形にしてからメルマガの登録率は向上しました。

ただし、メルマガも無料レポートも魅力的なものを作らなくてはならないため、非常に骨が折れます。

まずは、メルマガか無料レポートのいずれかから始めて、徐々にメルマガ+無料レポートに移行していくのがいいでしょう。

メルマガvs無料レポートの行方

お分かりのように、メルマガと無料レポートは手を組むことができます。どちらかを選ぶよりも、どちらも選ぶのが理想です。

メルマガ登録者に価値のある無料レポートを配り、信頼を得ます。その後、メルマガを通じてさらなる信頼と好感を得ていきます。これができれば、商品の購入率は高まっていくことでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

深井貴明のアバター 深井貴明 メルマガコンサルタント

行動経済学を取り入れたマーケティングとコピーライティングの専門家。7,500名の購読者を有するメルマガの運営者でもあり、過去の経験を基にしたメルマガノウハウを広く伝えている。

コメント

コメントする

目次
閉じる