無料オファーをラクに作る2つの方法

「オプトインページに使う無料オファーを作る時間がない」
メルマガマーケティングやリストマーケティングの入り口となる無料オファーが作れずに、挫折する人は少なくありません。

その気持ち、分かります。
無料オファーの作成は、意外と手間がかかるものです。

「でもどうにかして作りたい」
そんなあなたのために、無料オファーをラクに作る2つの方法をお伝えしていきます。
この方法を使えば、早ければ1日、遅くても1週間以内には無料オファーが作れますよ。

目次

1.記事を再利用してレポートを作る

よく使われる無料オファーの一つに、無料レポート(小冊子)があります。

無料レポートは、イチから原稿を書き上げる必要はなく、過去のブログ記事やメルマガを流用して作ってもいいのです。

たとえば、Aサイトのオプトインページに使う無料レポートを作るとします。レポートの原稿を、別サイトまたはブログから転用してまとめます。これをレポートとして使うのです。

私もこの手をよく使います。
私の場合、サイトとブログを合わせると10を超えるため、あちこちからコンテンツを持ってきて編集して使います。Aサイトを見ている人は、Bサイトを見ていないため「前に見た記事だな」とはなりません。

この方法に気づいてからは、レポートを作る手間がだいぶ省けるようになりました。

ただし、注意点があります。
流用しているため、Googleからコピーコンテンツと判断される可能性があります。そうならないための方法は2つあります。

1.アウトライン化する

一つ目の方法は、文字のアウトライン化です。これはAdobe社のアプリ「Illustrator」にある機能です。一言で言えば、文字を画像化する機能です。テキストがテキストではなくなるため、Googleもコピーコンテンツとして判断できません。アウトライン化した後、PDFとして出力すれば完成です。

2.WordPressで限定公開する

二つ目の方法は、WordPressによる限定公開です。パスワードを入力しないと見れないようにするのです。限定公開の場合、Googleのクローラーは巡回できないため、コピーコンテンツとして扱われなくなります。

以上、2つの方法を用いれば、コンテンツを再利用してレポートを作ることができます。

2.記事を台本に音声や動画を作る

先ほどお伝えしたのは、テキストをそのまま再利用する方法でした。次は、そのまま使うのではなく、音声や動画に変換する方法です。

一つのコンセプトに沿って、ブログ記事の原稿を集めます。集めた原稿を元に音声や動画を収録するのです。その際役立つのがzoomです。音声と動画、どちらも収録ができます。

zoomが便利なのは、音声と動画、それぞれを個別に収録してくれる点です。後は、収録データを編集すればOKです。

音声編集には、PC用の無料アプリがいくつもあります。一方、動画編集にはPC用の無料アプリはありません。スマホに動画データを落としてから、スマホの動画編集アプリでいじるほうがいいでしょう。

収録に必須なもの

ここで大切なのは、マイクとカメラです。特にマイクにはこだわってください。音質が悪いと安っぽく感じてしまうからです。できれば、1万円以上する良質なマイクの購入をお勧めします。ちなみに、私が愛用しているマイクはこちらです。比較的安いですが、音質は高いです。

【Amazon限定ブランド】888M マランツプロ USBコンデンサーマイク

以上、コンテンツを流用して無料オファーを作る方法でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

深井貴明のアバター 深井貴明 メルマガコンサルタント

行動経済学を取り入れたマーケティングとコピーライティングの専門家。7,500名の購読者を有するメルマガの運営者でもあり、過去の経験を基にしたメルマガノウハウを広く伝えている。

コメント

コメントする

目次
閉じる